《dream scape》歌詞:by 梶浦由記 FictionJunction mp3歌詞


見(み)たことのない草(くさ)の海(うみ)が

銀色(ぎんいろ)に揺(ゆ)れてざわめいて

夢(ゆめ)と現(うつつ)の境目(さかいめ)あたりの景色(げしき)

君(きみ)に出會(であ)うため?

それともまだ見(み)ない誰(たれ)かの瞳(ひとみ)のため

風(かぜ)を分(わ)けて行(ゆ)く

dream scape

もうすぐ鳴(な)るね、目覚(めざ)ましの音(おと)

でもその先(さき)もまだ夢(ゆめ)かもしれないね

大事(だいじ)なものは何処(どこ)にいったてあまり変(か)わらないよね

目覚(めざ)めてもまだここにいようと思(おも)うよ

それが勇気(ゆうき)というものかとも思(おも)うよ

sittin’ in the silence…

enerlasting night breeze…

(I believe…I deceive…I relieve…)

暗(くら)すぎて見(み)えないだけさ……

in my…

泣(な)きたくなくて放(はな)ってあった胸(むね)のササクレ(ささくれ)に

今頃(いまころ)追(お)いかけられて息(いき)もつけなくて

しがみついていた真実(しんじつ)がボロボロ(ぼろぼろ)に枯(か)れて落(お)ちるまで

今(いま)ちょっと見(み)えないだけさ……

現実(げんじつ)だって夢(ゆめ)だって

君(きみ)を迷(まよ)わせるだけだからさ

坂道(さかみち)の上(うえ)の曲(ま)がり角(かど)

幾(いく)つでもその先(さき)に行(ゆ)きたい

音楽(おんがく)の中(なか)にしか無(な)い風景(ふうけい)の向(む)こうへ

暗(くら)すぎて見(み)えないだけさ……

夢(ゆめ)の続(つづ)きには夢(ゆめ)が

七色(なないろ)の迷路(めいろ)みたいに

音階(おんかい)の無(な)い草笛(くさぶえ)に歌(うた)を見(み)つけるために

広(ひろ)すぎて目(め)がくらんでも

歌(うた)いすぎて喉(のど)が枯(か)れても

見(み)たことのない草(くさ)の海(うみ)を

例(たと)え君(きみ)がいなくなっても

暗(くら)すぎて見(み)えないだけさ……

sittin’ in the silence…

sittin’ in the silence…

enerlasting night breeze…(暗(くら)すぎて見(み)えないだけさ……)

sittin’ in the silence…

dream scape

※假名標注僅供參考