《夏陰 なつかげ》歌詞:by スガシカオ スガシカオ mp3歌詞


言葉が いま詰まってしまったら

如果 現在沉默了的話

ぼくらの夏は ここで終わってしまいそう

我們的夏天 好像就會在這里結束

上手に笑えてる自信なんか

雖然沒有自信 能夠笑得很自然

あるわけないのに…でも笑った

但還是……勉強笑了

踏みつぶしたカカトを はきなおしたら

把踩倒的鞋跟 重新拉好穿上

ため息をぐっと飲み込んで 歩きだそう

將嘆息深深壓下 出發吧

夕暮れを抜けていく風は

拂過夕陽的微風

秋のにおいを含んでる

帶著秋天的氣息

ずっと今日と同じ日々が

曾經以為 這樣的日子

願わなくても 続くと思ってた…

即使不去祈禱也會永遠延續下去

開けっ放しの窓の向こう側で

從敞開著的窗外

ゆがんだサイレンの音がしている

傳來變了調的汽笛聲

どれくらいの速度で いま

現在是以什么樣的速度

未來に向かって歩いているんだろう

走向未來的呢

ぼくらが生きていく理由なんて

我們到底是為了什么生存著的呢

きっとちっぽけな答えしかないって

答案一定也都只是一些微不足道的東西罷了

気がするんだ

這樣地感覺到

ねえ もしかなうなら

吶,如果可以實現一個愿望

どんな願いをひとつ選ぶと思う

你會想要什么呢

ずっと思いめぐらしていたら

只是想著想著

足下までもう夜が來ていた

不知不覺夜晚就已經來到跟前

あの日 スタートの合図で

那一天 一起出發

走り出してしまったぼくらに

奔跑起來的我們

いまさら もう わざとらしい

到了現在更是

ゴールなんかなくてもいい

即使沒有終點也可以

もしかなうなら

如果可以實現一個愿望

どんな願いをひとつ選ぶと思う

你會想要什么呢

ずっと思いめぐらしていたら

只是想著想著

足下までもう夜が來ていた

不知不覺夜晚就已經來到跟前