《エネの電脳紀行》歌詞:by じん(自然の敵P) IA mp3歌詞


世界終了の折に逃げ切って終焉を見た

そんなので私は「特例」なんだって

ホルマリンの香りが溢れかえる部屋で

眠る様に心と身體が離されて

繋がった電脳心理 糸クズの様

ディスプレイ端末からの 私は隨分派手で

気が付いたらもう 完全に息を引き取っていた

あれでもない これでもない

それでもない 指示電波が秒速で部屋に響く

「逃げ出したい」

苦しみが 繋がらないドアを開けた

さぁ、Eの波間漂う影 無機質な文字列の談笑

蜘蛛の糸を縫うかの様に 駆ける炎を纏った狐

電子欲の旅は続く 蒼い羅針盤が指す先へ

息を止めて イキヲトメテ

全てが噓を吐く真実なんて

今日はうんざり もう眠ってしまおう

この世界の考えは 110度安定してて

捻じ切った倫理観が流行なんだって

お好みのチャンネルは 2つ目を推奨してる

「Q.好きなモノはなんだい?」

「A.ずいぶん簡単なことだ、ヒトのフコウのアジだ。」

「ゴミクズだね。」

それはそれで良いけれど

「何かおかしい!」だなんて

発想が陳腐だよ?

もう死んじゃえば良いのになぁ

それでもさ その中で浮遊した

この感度は どうやらもう馴染みかけて

逃げ出したい 膨らみは 加速して

息を止める

あぁ、トロイの夢詰み込まれた

継ぎ接ぎだらけの木馬が言う

「意味は要らない、愉しくなれ」

惰性で溶け出す炎の壁

電子欲の旅は続く 蒼い羅針盤は今日もまた

誰を殺す? 君を殺す?

くるくるくるくると廻ってさ

Eの空が 0と1を今日も平然と垂れ流して

圧縮した逸る心 稲妻の鳥を追い越したら

電子欲の旅の終わり 蒼い羅針盤が指していた

ディスプレイの向こう側で

冴えない君だけが見ていた

もう世界はうんざり

目を覚ましちゃおう

なんていうか正直

ちょっと笑えてさ