《惑星タイマー 》歌詞:by福耳 mp3歌詞


福耳

惑星タイマー

作詞:スキマスイッチ

作曲:スキマスイッチ

話したところでまた冗談みたい?

まっさらなイメージの君に酔っていたい

仆がとある言葉を言えばたちまちホラ煌めき出すんだ

想像次第、さぁ!

君だけを乗せ 君だけを乗せ

彗星みたいに冴えたスピードで

遙か遠くへ 遙か遠くへ

一緒になって惑星(ほし)を探すよ 刻(とき)を止めて

オーロラを蹴って太陽系をワープして

ちょうどいい感度で北極星素通りして

仆らはまだ希望(ひかり)すらそこにあるか知らないならば、創造したいな

君にどうして 吸い込まれて

伝えたいんだ!って想いも溢れて

揺られながら 揺られながら

新しい道を作るよ 刻(とき)を染めて

愛情がどうとか言葉だけじゃわかんないや

タマシイを星座に浮かべて

渾身の心で永遠(とわ)の愿い誓いあうや、

見つかった世界が、仆たちの未來が、始まる

君だけを乗せ 君だけを乗せ

彗星みたいに冴えたスピードで

遙か遠くへ 遙か遠くへ

一緒になって惑星(ほし)を探すよ

君だけを乗せ 君だけを乗せ

流星群みたいに降る夢

だから遠くへ! もっと遠くへ!

そう言ったって気付いてるんじゃない?

仆らの中に宇宙(そら)があること