《whisper of winter》歌詞:by 川崎海 南條愛乃 mp3歌詞


硝子越しに夜空を見上げていた

冬の妖精たちが舞い降りてくる時間

獨りきりで過ごした 寂しさとか忘れさせて

お愿い翼をください

夢を見続けて明日は必ず來ると信じてた

今でさえ Believe in 愿う

目の前に浮かぶ疑う事を知らない

無垢だった二人 寄り添い消えてく

雪の降る この街にも溫かい光が差し

折れた羽を愈してる 傷ついた心の奧

足音が聞こえてくる 明日への扉叩いて

目の前を道を進む 季節が巡る時の中で

別れてから今日まで夜を重ね

冬の妖精達が輝き出す瞬間

獨りきりで過ごした切なさとか

どこか遠く彼方へ 翼をください

あなたを追い掛け 笑い合った あの時は

信じてた今でさえ Believe in 愿う

儚い現実 疑うことを知らない

無垢だった二人 離れて消えてく

雪の降る この街にも溫かい光が差し

折れた羽を愈してる 傷ついた心の奧

足音が聞こえてくる 明日への扉叩いて

目の前を道を進む 季節が巡る時の中で

巡る想い あなただけ 笑顏が今もまぶしい

本當はわかっている だから前に進んでく

雪の降る この街にも溫かい光が差し

折れた羽を愈してる 傷ついた心の奧

足音が聞こえてくる 明日への扉叩いて

目の前を道を進む 季節が巡る時の中で