《橙と君の神隠し》歌詞:by 黒巖ナツミ 723 mp3歌詞


橙と君の神隠し

ボーカル:fi-fy、723

サークル:君の美術館

原曲:遠野幻想物語

原曲:ティアオイエツォン(withered leaf)

撫でる様に頬に爪を立てて

気まぐれから 迷い込む誰かを慰めてる

今は戻る道を忘れているのでしょう

ならば思い出すまでは一緒にいてあげよう

あくびしたりそっぽ向くけど

ちゃんと傍にいるから <ここにいる>

怖がらないでほら 笑ってほしいよ

くるくる廻る迷路で 私についておいで

<夜露は避けて歩いてゆくの>

短い夢さ きっと <ふたり きっと>

きらきら光る瞳で 照らしてみせてあげる

いたずらにつけた足跡を

君がここにどれほど居たのかを

夕陽を數え忘れてた それだけ楽しかった

それでもこの私の名前

いずれは失くすのでしょう <忘れてく>

明日の今頃は何して遊ぼう

くるくる廻る迷路で いつかははなればなれ

<小雨が降ればお別れするの>

一緒にいたい もっと <ふたり もっと>

ふわふわ踴るしっぽで いつかはするさよなら

消さないで 殘す爪痕は

帰る場所 私にもある

あたたかくてやすらぐ <変わらない>

心を分け合って 暮らしているから

とおせんぼ 君は引き返せない

足音消えるまでは この耳とがらせて聞いてあげるから

「じゃあね」

くるくる廻る迷路で 私についておいで

<夜露は避けて歩いてゆくの>

跳ねるリズムでずっと <ひとり ずっと>

きらきら光る瞳で 君をまた誘えたら

同じ気持ちを繰り返す

そういう気がするよ