《夕燒けデイズ》歌詞:by じょん 近藤隆 mp3歌詞


なんでもない朝焼けに 僕は目を覚まして

君の扉をノックする 言葉をつぶやいた

三十二度の晴れた空 駅前のペンチで

いつもよりオシャレをした 笑顔を迎えたよ

離れて歩いた ふたりには分かってた

夏がもう去ること あの雲 遠く伸びて

さよならの合間で

バカな言葉を 交わすダイアリー

何十回 伝えたって 意味ないから

そうやって また逃げ出して

儚い気持ち 通り過ぎてく

何重に詰め込んだって 足りないから

半分ずつ持ち寄った 手作りのランチは

運が良いのか悪いのか 丸かぶりのメニュー

花びら數えてた あの日から気付いてた

風がもう止むこと 夕焼けの向こう側

覚めないで 夢のように

バカな言葉で 壊すテリトリー

何年経っても きっと消えないから

かじかんだ 貝になって

儚げな歌 口ずさんでる

そんな夜は 君と會いたいから

ふわり 葉っぱ 揺らして

ゆっくり舞う 羽根の音が

空白を埋めてくれるかな

ひらり ほつれた毛糸を

引いて 紡いで 玉にして

何度でも やり直せるよね

さよならの合図で

明かされたこと やけにタイムリー

何十回も聞きたいよ 泣かないから

そうやって また揺らさぶって

儚い気持ち 思い出すけど

もう一回だけ 聲にしたら僕らは——

ラララ…