《夜の國》歌詞:by Annabel Annabel mp3歌詞


僕は忘れられた

灰積る街で

失くしものを探していた

赤い眼をした君が

小さな聲で祈っても

耳をふさいでた

手をのばすより

隠れてしまおう

割れた空を指さし子供の眼で笑いあう

夜の隙間から覗く光を浴びてここで眠ろう

誰にも見つからずに

淡く過ぎる日々の中で

染みついてく狡さも解ってる

寄り添う 記憶の深さ

それだけで僕らここに囚われ

根を張り生きている

手を重ねたら

何かが変わる?

割れた空の向こう 大きな眼が見つめてる

朝のこないこの國で孤獨な光を探している

軋む夜の間

痛みは続き

乾いた焦燥

俯いていたけど

君の無垢な言葉が

僕の心を揺らした

全て洗い流すように

冷え切った心を溶かした

割れた空を指さし子供の眼で笑いあう

夜の隙間から覗く光を浴びてここで眠ろう

君とふたりで