《A都市の秋》歌詞:by 榊原香保里 Lamp mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

純手敲><

白く煙った雨上がりの靜けさ

古い映畫の中

オリーブ色のトレンチコーチとハイヒール

ラストシーンの後ろ姿

蒼く染まった待ち合わせの夕刻

暗いガス燈の下

週末のオフィス街 誰もいない

銀色の腕時計の針はチッチッチ

今夜は秋の終わり

口唇から零れたサンセリフ書體の 悲しげな言葉を殘したまま

季節が巡る度に思い出すでしょう

十二月の毛皮のコートの様な雪の上を もう二人はきっと歩けない

さよならは言わないわ 雪の終わりに

霧雨に包まれて消えてゆく君と ビルヂングの隙間で夢を目ていた

このままでいたいけど戀は終わるのね

透明なエレベーター二人を降りろして 次の朝を迎えれば

摩天樓に映る短いエンドロール

光るガラスの月も霞むA都市

赤い丸ノ內線

今夜の冷たい濃霧に滲んだ戀の様

ラストシーンを巻き戻した

You may also like...