《カザハネ》歌詞:by 霜月はるか 霜月はるか mp3歌詞


夕暮れ染まる丘に佇み

ひとり 伸びる影見つめた

無情なほどに儚いこの世界

また 願いは零れてく

噓つきの自分から

目を背けたままで

意地になって

守ろうとしていたモノは何なの?

気付いたよ たとえ痛む心が

光遮ったとしても

見失っちゃいけない今が

確かにここにある事

動き出した風に吹かれて

まわり始める風車

羽の色がひとつに融ける

ふたり繋ぐ絆になるから

冷たい雨に打たれ佇む

君は寂しげに笑った

幼い手では無力すぎた世界

もう 失くしたくはないよ

本當の気持ちから

目を背けたままで

大事な場所

守りきることなど出來はしないね

怖くない たとえ無限の闇が

行く手遮ったとしても

重ねあった心の強さ

確かに知っているから

そっと背中風に押されて

歩き始める僕たちは

迷いながらそれでも進む

君をもう二度と離さない

耳の奧殘る聲

遠ざかる記憶

あぁ 戻ることはかなわないけど

その先の朝信じて…行こう

忘れない たとえ痛む心が

すべて遮ったとしても

諦めたら変わらないよと

君が教えてくれたね

動き出した時を感じて

まわり始める風車

どうか風が止まないように

ふたり此處で空見上げている