《グーテンベルクの科學世紀》歌詞:byminimum electric design mp3歌詞


どれだけ天に向かい願っても

不論怎樣朝著天空許愿

変わらないこと諦めて

無法撼動的事物 終究只能死心

昨日あの書店で手にとった

昨天在書店讀到的那本小說

私小説 涙する

不知為何 使我淚流滿面

どれだけ天に向かい願っても

不論怎樣朝著天空許愿

旅路でその身 探しても

不論怎樣投身前往探索

巡り巡る人の世は

這庸庸碌碌的人世

無限の活字世界

也只是數字一成不變編排的結果

いま、衛星上のカフェテラス

此刻 位于衛星上的露天咖啡廳

無重力の空間の中

靜靜仰慕無邊的宇宙

白い結晶の星屑

與星屑們純白的結晶

溶かしてゆく

漸漸融為一體

昔読んだ絵本の中にある

許久之前讀過的繪本中

お伽話のようなもの

有一位宛如童話般美好的角色

でも あの日見た街角の夢は

然而 那一天在街角所目睹的夢幻

ここにもう きっとないモノだから

一定 已經不在這里了吧

どれだけ天に向かい願っても

不論怎樣朝著天空許愿

変わらないこと諦めて

無法撼動的事物 終究只能死心

昨日あの書店で手にとった

昨天在書店讀到的那本小說

私小説 涙する

不知為何 使我淚流滿面

どれだけ天に向かい願っても

不論怎樣朝著天空許愿

旅路でその身 探しても

不論怎樣投身前往探索

巡り巡る人の世は

這庸庸碌碌的人世

無限の活字世界

也只是數字一成不變編排的結果

まだ、衛星上のカフェテラス

再次 回到衛星上的露天咖啡廳

無限に続く往來で

體會古往今來的浩瀚

重力井戸の底のほう

屈居這口名為“重力”的井底

眺めている

仰望真正的世界

昔読んだ絵本の中にいる

許久之前讀過的繪本中

あの姫様のようなもの

有一位宛如公主般完美的角色

でも あの日見た街角の夢は

然而 那一天在街角所目睹的夢幻

すでに葉えられた夢だから

一定已經 得到實現了吧

どれだけ天に向かい願っても

不論怎樣朝著天空許愿

絵本の中はさまよえない

都絕不會在童話故事里迷失

無重力を泳ぎ切ったって

在失重的世界中劈波斬浪

無いものねだり世代

尋求虛無之物的荒唐一代

どれだけ天に向かい願っても

不論怎樣朝著天空許愿

活字の中は生きられない

數字構筑的世界都令人不堪忍受

無重力を逃げ切ったって

從失重的空間落荒而逃

無限の虛數世界

前往無限的虛數世界

どれだけ天に向かい願っても

不論怎樣朝著天空許愿

変わらないこと諦めて

無法撼動的事物 終究只能死心

昨日あの書店で手にとった

昨天在書店讀到的那本小說

私小説 涙する

不知為何 使我淚流滿面

どれだけ天に向かい願っても

不論怎樣朝著天空許愿

旅路でその身 探しても

不論怎樣投身前往探索

巡り巡る人の世は

這庸庸碌碌的人世

無限の活字世界

也只是數字一成不變編排的結果

まだ、衛星上のカフェテラス

再次 回到衛星上的露天咖啡廳

無限に続く往來で

體會無邊無際的浩瀚

重力井戸の底のほう

屈居這口名為“重力”的井底

眺めている

仰望真正的世界

いま、衛星上のカフェテラス

此刻 位于衛星上的露天咖啡廳

無重力の滯留してる

永遠滯留在這失重世界

白い結晶の星屑

星屑們純白的結晶

流れ星に

化為轉瞬即逝的璀璨流星