《黒貓とピアニストのタンゴ》歌詞:by 分島花音 分島花音 mp3歌詞


分島花音 – 黒貓とピアニストのタンゴ

【黑貓與鋼琴家的探戈】

作詞:分島花音

作曲:分島花音

好きよ好きよ これはもう運命よ

好喜歡啊好喜歡啊 這也是命運哦

定められた 神様の悪戯よ

是既定的 神的惡作劇哦

言わずもがな あなたならわかるでしょ

縱使一語不發 你也能明白吧

御托はいいわ プラトニックな愛情よ

傲慢自我也可以哇 柏拉圖式的愛情吶

ほらイメージして

來想象一下

真っ黒い大きなおめめ

邃黑的大眼眼

どんな音色が一番似合うの?

怎樣的音色才最貼合呢?

おみみを立てる

耳耳豎起來啦

パールの歯列を覗かせて

珍珠狀的小牙牙若隱若現

貓背で指這わすピアニスト

手指在貓咪背上緩緩跳動的鋼琴師

奏でる音に波打つ毛并み

乘著律動的音符爬過毛毛

身體中がしびれだす

身體也慢慢失去知覺

にゃお!

喵~

わたしのためにタンゴを弾いて

為我彈一曲探戈吧

愛してる専屬ピアニスト

親愛的專屬鋼琴師

時が過ぎるのも忘れてしまう

忘卻時間的流逝

秘密の夜のコンサート

秘密的午夜演奏會

ほらリピートして

來重復一遍

スタッカートは隠したつめで

跳音是那鬼祟的爪子

どんな和音も贅沢なディナー

怎樣和音也是形容豐盛的午餐

しっぽを立てる

尾巴翹起來啦

パールの歯列を覗かせて

珍珠狀的小牙牙若隱若現

貓背で指這わすピアニスト

手指在貓咪背上緩緩跳動的鋼琴師

奏でる音に波打つ毛并み

乘著律動的音符爬過毛毛

身體中がしびれだす

身體也慢慢失去知覺

にゃお!

あなたは知らなくてもいいの

你不明白也沒關系

わたしは所詮ただの黒貓

我只是只黑貓

言葉じゃない會話を楽しむ

很享受非言語的對話

ふたりの夜のコンサート

二人午夜的演奏會

ふたりの夜のコンサート

二人午夜的演奏會