《風》歌詞:by 松井五郎 安全地帯 mp3歌詞


瞳に風が吹いて 坂道を

瞳仁里有風吹拂

ひとりで 下りてみたい気がしてた

恍若 獨身一人 走下坡道般

愛稱(なまえ)で呼べそうな 履き古した靴からは

想用愛稱呼喚 陳舊的鞋子里

忘れかけた詩が聞ける

傳來快要忘卻的詩的氣息

ふりかえると 何もない空なのに

回頭凝望 空無一物的天空

仆だけが むずかしくて

只有自己 艱難前行

もしもここで 君に逢わないでいたなら

如果未曾 與你相遇

心まで 渇いたろう

是否連心 都會枯萎

涙をあつめてきたハンカチに

凝聚淚水的手帕

迷路の地図ばかりを 描いてきた

將迷路的地圖 不斷描繪

それぞれに過した わずかな物語には

你我各自的故事

なくせない 場面もみてた

不會褪色 銘記心中

なにもかもが ためいきをつく一瞬(とき)に

一聲嘆息 所有一切

やさしさを 逃がしている

都將溫柔 隨風逝去

あきらめれば 泣かなくてすむだろうけど

若能放棄 就不必哭泣

微笑も消えるはず

雖然笑容 也會褪去

遠くふたり みえないほどはなれて

你我相距 何止萬里

あの夏に生まれてきた

在那個夏天誕生

君の髪が綺麗な秘密を教えて

你的發絲 訴說著美麗的秘密

しなやかな ささやきで

溫柔可人 悄聲細語

瞳に風が吹いて そのときに

瞳仁中有風吹拂 在那時

誰にも かなえられる夢がある

不論何人 夢想成真