《廻紐時計》歌詞:by ふゆ 虎の穴 mp3歌詞


土(つち)に積(つ)もる紫(むらさき)の煌(きらめ)き。

塵土沉積的金紫光輝

傾(かたむ)くは経過(けいか)して古(ふる)びたせい。

衰頹為 歲月如梭而年華老去

雨(あめ)が洗(あら)い去(さ)るよ。

雨將一切洗盡

哀(かな)しさの下(した)に。

覆於哀傷之下

風(かぜ)も人(ひと)も街(まち)も刻(とき)さえも。

無論是風是人是此街 乃甚此刻

神様(かみさま)はただ見(み)てる。

神只是看著

半分(はんぶん)の蝶(ちょう)。

半只蝴蝶

巻(ま)き戻(もど)す。

倒轉回繞

灰(はい)に蓋(おお)われた境(さかい)が開(ひら)けるのならば。

若灰埃湮沒之境能有再現之時

瓦礫細工(がれきざいく)の庭(にわ)。がらくたの夢(ゆめ)。

磚瓦巧建的庭園。零碎的夢境

廻(まわ)り廻(めぐ)る針(はり)の游戯(ゆうぎ)。

循環輪回指針的游戲

紫陽花(あじさい)は濡(ぬ)れたまま。

紫陽花已遍身濡染

憧(あこが)れるの。

憧憬著

夢幻(むげん)、流転(るてん)、終止(しゅうし)。

夢幻﹑流轉﹑終止

留(と)まって懐古(かいこ)に身(み)を馳(は)せる。

滯留於懷古馳放身軀

辻褄(つじつま)が合(あ)わない獨(ひと)りの寄(よ)る辺(べ)。

情理為自相矛盾而獨身自倚

怠惰(たいだ)に暈(かさ)やけてる。

怠惰之中暈眩暈熱

「まだ殘(のこ)りますか?」

「尚殘存著嗎?」

ゆるりゆるりゆるりゆるり壊始(かいし)して行(ゆ)く。

緩緩地緩緩地緩緩地緩緩地枯萎 朽懷而去

右足(みぎあし)だけ煤(すす)けるからこれが枷(かせ)のようにね。

只是右腳沾上了熏污 這就像是鐐銬一般呢

骨(ほね)の先(さき)まで沈(しず)んでる。

直至骨梢沉淪於內

もうここで動(うご)けないよ。

於此已是動彈不得了

神様(かみさま)はただ見(み)てる。

神只是看著

半分(はんぶん)の蝶(ちょう)。

半只蝴蝶

巻(ま)き戻(もど)す。

倒轉回繞

灰(はい)に蓋(おお)われた境(さかい)が開(ひら)けるのならば。

若灰埃湮沒之境能有再現之時

瓦礫細工(がれきざいく)の庭(にわ)。がらくたの夢(ゆめ)。

磚瓦巧建的庭園。零碎的夢境

廻(まわ)り廻(めぐ)る針(はり)の游戯(ゆうぎ)。

循環輪回指針的游戲

紫陽花(あじさい)は濡(ぬ)れたまま。

紫陽花已遍身濡染

憧(あこが)れるの。

憧憬著

夢幻(むげん)、流転(るてん)、終止(しゅうし)。

夢幻﹑流轉﹑終止

朝(あさ)を迎(むか)え。

迎向朝晨

詠(うた)う、謠(うた)う、謳(うた)うから。

詠嘆﹑吟唱﹑謳歌著