《京都洛北路》歌詞:by なかむら椿 大沢桃子 mp3歌詞


それは葉(かな)わぬ戀(こい)でした。

それでもあなたを恨(うら)まない…

涙(なみだ)みちづれ旅(たび)に出(で)る

大原(おおはら) 山里(やまざと) 三千院(さんぜんいん)

わらべ地蔵(じぞう)の苔(こけ)の道(みち) あぁ 秋(あき)の風(かぜ)

燃(も)えて赤々(あかあか) 色付(いろつ)く紅葉(もみじ) 女心(おんなこころ)を染(そ)め抜(ぬ)いて

あなた忘(わす)れて出直す(でなおす)旅は…京都洛北路(きょうとらくほくじ)

今(いま)は獨り(ひとり)のこの身(み)です。

今でもあなたを思(おも)い出(だ)す…

未練心(みれんこころ)が邪魔(じゃま)をする

涙(なみだ)で濡(ぬ)らした 旅の宿(やど)

清き(きよき)流(なが)れの貴船川(きぶねがわ) あぁ 戀蛍(こいぼたる)

鞍馬(くらま)つづらの木(き)の根(ね)の道は 女心の迷い(まよい)道

あなた忘れて出直す旅は…京都洛北路

月(つき)は朧(おぼろ)な雲母坂(きららざか) あぁ 夢明かり(ゆめあかり)

ならの小川(おがわ)や糺(ただす)の森(もり)は 女心に春(はる)を呼(よ)ぶ

あなた「さよなら」涙を拭(ふ)いた…京都洛北路