《Winter pop》歌詞:by TAMATEBOX 関ジャニ∞ mp3歌詞


渋滯のLight まるでイルミネーションのよう

せわしく大通り 吐息も白いfriday night

橫斷歩道の向こう いつもの交差點越しに

初めて見る服 この高鳴り止まないで

照れくさいほどのロマンス 街に溶かしてしまったら

見つめて ふたりの未來

何十年かけてでも 伝えたい愛のメッセージ

どんな昨日より遙かに輝くこれからを

何百年ずっと傍で そのくしゃくしゃの笑顔見せてよ

つなぐ手 ぬくもり 愛おしく

賑わう街に聴こえる Winter pop

背伸びした店も様になる君の笑顔

失敗したサプライズに目を潤ませて喜ぶ

苦笑いで見上げる空

降り注ぐ白い雪が ふたりを近づかせる

何十年経ったとしても 変わらない愛のメッセージ

出會いの奇跡にいつでも感謝して笑おう

何百年ずっと傍で そのくしゃくしゃの笑顔見てるよ

寄り添う眼差し 愛おしく

高鳴る胸に響くよ Winter pop

何十年かけてでも 伝えたい愛のメッセージ

どんな昨日より遙かに輝くこれからを

何百年ずっと傍で そのくしゃくしゃの笑顔見せてよ

白く染まってく街が僕らに奏でた

ふたりのWinter pop

聴こえる Winter pop