《色彩 -unplugged session-》歌詞:by 坂本真綾 MP3歌詞


《色彩 -unplugged session-》歌詞:
ひとりになると聞こえるの
苦しいならやめていいと
ブラックホールみたいに深く
怖くて魅力的な甘い聲が
あなたの口癖を真似て
なんでもないと言ってみる
それが噓でもかまわない
立ち続ける動機になれば
すべての命に終わりがあるのに
どうして人は怯え 嘆くのだろう
いつかは失うと知ってるから
あたりまえの日々は何より美しい
私が視てる未來はひとつだけ
永遠など少しも欲しくはない
一秒 一瞬が愛おしい
あなたがいる世界に私も生きてる

私をたしなめるように
何度も同じ夢を見る
皮肉なほど綺麗な夢
目覚めさせて 逃げたくないの
さよならまで
あなたのそばにいたい
その日が明日來ても惜しくはない
私に色彩をくれた人
あなたといる世界を
目に焼き付けたい
赤 青 藍 水 虹 空 色

私は女神になれない
誰かに祈りも捧げない
ひとに何言われてもいい
大切なものが何かはわかってる
これ以上望むことはなんにもない
私が欲しい未來はここにある
はじめて寂しさをくれた人
ただの孤獨に
価値を與えてくれたの
私が視てる未來はひとつだけ
永遠など少しも欲しくはない
一秒 一瞬が愛おしい
あなたがいる世界に私も生きてる