《友達のフリ》歌詞:byケラケラ mp3歌詞


今目の前で 笑っている君のことを

失いたくない それだけで

本當は誰より愛している 君に対して

好きと言えずに 友達のフリをしてる

渋谷駅のすぐそばの ビルの片隅で

いつもと変わらない仲間集めて よく語りあうよね

みんなと同じタイミングで 笑ってはみるけど

ホントは悲しいよ 君が話すのは あの人のことばかりで

駅に向かうほんの少しの距離さえ

ボクにとってはチャンスだけど

いつだってそう 離れてく君が怖くて

くだらない話をしてしまう

今目の前で 笑っている君のことを

ボクだけのものにしたいけど

本當は誰より愛している 君に対して

好きと言えずに 友達のフリをしてる

葉わないと決めつけて 戀に臆病になる

ホントは悔しいよ いつも思うのは

失戀の跡ばかりで

家に帰るほんの少しの距離さえ

また君の聲聞きたくなって

でも勇気がなくて

また遊ぼうなってメールだけして

攜帯電話ポケットにしまう

どんな時でも 笑っている君のことを

思い出してしまうんだ

思わせぶりな 君の態度や言葉に

もしかしたらって

思い続けているけど…

これからも君のこと見ていたい

だけど君守るのは ボクじゃない

例え想いが伝えられなくても

変わらないよボクは 君の事 ずっと好き

今目の前で 笑っている君のことを

ボクだけのものにしたいけど

本當は誰より愛している 君に対して

好きと言えずに 友達のフリをしてる

いつまでも戀をしてる