《Tiny Dancers》歌詞:by Aimer aimerrhythm MP3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

《Tiny Dancers》歌詞:
作詞:aimerrhythm・高橋奎
作曲:高橋奎
編曲:玉井健二・飛內將大

もっと知りたい場面で
やっと見つけた時間で
ずっと思ってる事も言えない
自分ってなんだろ?
そっと君なら笑って
きっとなるようになるって
ぎゅっと握った手と手
何かが消えていたんだ

いつになったら
大人になれるかなんて
答えを見つけだせたら
忘れてしまうことなのかな?

そこに立って笑っていて
ただ君がいればどんなにか
強くSTEP 刻んでいたいな
踴って見せるから
夢中になって
飛び跳ねたなら
與えられる困難が
笑えるようになると
Tiny Dancers

そっと君は泣いていた
きっと僕も泣いていた
なんて気まぐれな事
神様はいつもするんだろ?
いっそ僕が君でいて
いっそ君が僕でいて
なんて願ってた事は
どこかに閉じ込めたんだ

いつになったら
大人になれるかなんて
答えをみつけだしても
言葉が見つからないままで

いつか変われてたんなら
どんな未來が
そこにあるのかな?
いつも思うんだ
君が好きだった
ベッドで羊探して
すぐに思い出ばかり見つかって
1、2、3、4、
數えたら夜は終わっていた
誰もいない
夏の夜の屋上で
不器用なダンスを
二人踴っていた
いつかのあの日のこと
ここにあるよ
変わらずあるんだよ

そこに立って笑っていて
まだ終わらないよ
こんなんじゃ
強くSTEP
刻んでいたいな
踴って見せるから
夢中になって
飛び跳ねたなら
與えられる困難が
笑えるようになるさ
Tiny Dancers

You may also like...