《雨が空を捨てる日は》歌詞:by 中島みゆき 中島みゆき mp3歌詞


雨が空を捨てる日は

忘れた昔が 戸を叩く

忘れられない 優しさで

車が著いたと 夢を告げる

空は風色 ため息模様

人待ち顔の 店じまい

雨が空を 見限って

あたしの心に のり換える

雨が空を捨てる日は

直しあきらめる 首飾り

ひとつ ふたつと つなげても

必ず終わりが 見あたらない

空は風色 ため息模様

人待ち顔の 店じまい

雨が空を 見限って

あたしの心に 降りしきる

空は風色 ため息模様

人待ち顔の 店じまい

雨が空を 見限って

あたしの心に 降りしきる