《茜色ノスタルジア》 歌詞:by 水瀬いのり MP3歌詞

《茜色ノスタルジア》 歌詞:

作曲 : 堤功太
作詞 : 磯谷佳江
この道通るたびに
チクリと思い出すよ
君とふたり歩いてく
影絵の時間が好きだった

ふたつの影はいつも
微妙な距離のままで
とりとめのない話ばかりしながら
並んで伸びてたね

もどかしいくらいに
不器用な戀だったけど
そういうところも
私たちらしかった

あの日とおんなじ茜空 君も
どこかで見てるかな
今はひとつだけ
揺れるかげぼうし
胸がツンとなる

さよならと言って
踏み出した現在(いま)に
迷う日もあるけど
思い出のなかで
立ち止まらない
自分でいたいの だから
歩き出さなきゃ

懐かしい香り ふいに
記憶を呼び起こすよ
金木犀の風を胸に吸い込む
瞬間が好きだった

冷たい指先
そっと包んでくれた手は
何気ないようで
すごくあたたかかった

大丈夫なんて
幼い強がり
君は気づいていて
気づかないふりをしてくれてたんだ
今ならわかるよ

時が戻っても
きっともう一度
君を好きになるよ
街の風景も
そんな気持ちも
いつかは滲んで溶けてしまうのかな

夕闇がそっと
降りてくる頃
ずっと泣けなかった
その分のナミダが
ひと粒落ちた

あの日とおんなじ茜空 君も
どこかで見てるかな
どうしてか見てるような気がするの
笑顔だといいな

さよなら
ありがとう
言えなかったけど
季節がめぐっても
優しい思い出は
いつも私を強くしてくれる
ずっと
いとしいままで