《カンパイの唄》歌詞:by ケツメイシ MP3歌詞


《カンパイの唄》歌詞:

乾杯差し出す
グラス持つ手の數を見る度に
全てが報われて また笑顔になっていく

乾杯 心で
遠く離れた 街に住む君へ
またね、、、 またねと繰り返し

努力じゃどうにもならないことや
日々感じている合わないものが
不安、苦しみ、苛立ちとなって
怒鳴って 強がっても 何も変わんない

そんな時にこそ 仲間と乾杯
語らずとも分かる だから止まんない
そりゃ生きてりゃたまには嫌になって
皆 色々あるけど頑張ってる

なんか負ける気になってたのにやれる気になってさ
これで良いんだなって 気付けば笑ってる
勵ますつもりなのに勵まされ
そんな男に俺もなれたらね

なあ、そう言えばアイツ何してる?
俺らはあと何回一緒に飲める?
遠く離れても 乾杯さ 心で
戻って 揃って また皆んなで飲もうぜ

乾杯差し出す
グラス持つ手の數を見る度に
全てが報われて また笑顔になっていく

カンパイ心で 遠く離れた街に住む君へ
またね またねと繰り返し

君と乾杯 皆で乾杯
話盛り上がれば笑顔も満開
今日はあいつも呼びたいな
夢の話それに馬鹿話で酔いたいな

酒の力借りて良いじゃない
普段言えない事だって言いなさい
イライラすんなよ 色々あんだろ
飲も飲もおかわり 明日もがんばろ

あの詩のような乾杯の音頭懐かしい
そんなアイツも パパになるらしいな
近々集まって祝い酒
皆々そうただ飲みたいだけ

辛い話はもう良いかい?
笑って飲みたい!ハイ、もう一杯! !
酒はもどせても人生戻らない
ならこの瞬間今踴らない! ?

乾杯差し出す
グラス持つ手の數を見る度に
全てが報われて また笑顔になっていく

カンパイ心で 遠く離れた街に住む君へ
またね またねと繰り返し

乾杯差し出す
グラス持つ手の數を見る度に
全てが報われて また笑顔になっていく

カンパイ心で 遠く離れた街に住む君へ
またね またねと繰り返し