《星のカケラ》歌詞:by平野綾 mp3歌詞


歌:平野綾

作詞:平野綾

作曲:齋藤 真也

あなたへの想いを問いただしては

何度もおんなじ答えになったんだ

ただ會えない時 考えすぎてしまうんだね

どれくらい長く一緒にいたら

離れてる時も泣かずに済むのかなんて わからないよ

一瞬の儚さかもしれない

今夜ひとり眺めてる あの星まで屆くのなら

微かなぬくもり抱き寄せる

離さないでくれた こんな今も

本當に伝えたい言葉なんて

言わなくていいと思い込んでたんだ

まだあなたのこと 理解しているフリだったね

失くしてわかると知ってたなら

もっとすぐにでも気付くべきだったなんて もうだめだよ

ずっと手を繋いでいたかった

あの日ふたりで夢見た あの星まで屆くのなら

痛みなんて消し去って 觸れることすら もう恐くないよ

あの日ふたり眺めてた あの星まで屆くのなら

優しさのカケラ降り注ぐ

やっと手に入れた あの涙を

あの日偶然出逢った あの星まで屆くのなら

寂しさのためじゃなく 誰かのためにだけ生きていたい

いつの日かたどり著ける あの星まで屆くのなら

さしのべた夜空で瞬く

願いを葉えて あの奇跡を