《細雪》歌詞:by 和楽器バンド MP3歌詞



居然在這裡!免費試用Kindle unlimited 30天免費試聽Audible 30天;無限暢聽浪漫和美好的故事,免費試用Audible Escape一個月

《細雪》歌詞:

作曲 : 町屋
作詞 : 町屋

綾なす樹々に降る細雪
満ちては欠けてゆく月の光
遠くへ行かないでと泣いてる
今日もまた

指の隙間摺り抜けてく
想い出を掻き集めてるだけ
少しずつの すれ違いは
いつの間に二人を別つ

綾なす樹々に降る細雪
満ちては欠けてゆく月の光
見渡す一面に雪化粧
全て包む様に
何処かに落としてきた情熱も
誰かを愛した日の溫もりも
二度とは戻れない日々だって
過ぎてゆく

指を朱く結ぶ糸の
その先は想さを失くせども
頬を伝う涙であれ
その海もいつかは枯れる

もう一度巡り會えたら
伝えたいことばかりだよ
海を越えて見えた景色を
語り合いたかった

綾なす樹々に降る細雪
満ちては欠けてゆく月の光
この手を離した胸の痛み
全て包む様に
何処かで忘れていた情熱を
貴方を愛した日の溫もりを
二度とは戻れない日を抱いて
生きてゆく

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...