《僕と花》歌詞:by 山口一郎 サカナクション mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

サカナクション – 僕と花『我與花』

作詞:山口一郎 作曲:山口一郎

翻訳:時雨

僕の目ひとつあげましょう『把我的一只眼睛送你吧』

だからあなたの目をください『所以也請你送我你的眼』

まだ見たことのない花『未曾見過的繁花』

新しい季節を探してた『我曾一味地尋覓著新的季節』

何も言わない僕は花『緘默的我亦是花朵』

通り過ぎる人にサヨナラ『對擦肩而過的人道聲再見』

何にも出來ないはずなのに『明明無能為力』

少しだけ遠くを見てた『卻稍稍遙望著遠方』

積み木のように重ねておいた悩み『如積木搬堆積而起的煩惱』

朝には忘れてしまうから すぐに『別擔心 清早便立刻忘記』

夜が手を伸ばしそっと引っ張って『夜伸出手 悄悄拉了我一把』

また何か言おうとしてるから『它似乎還有什么欲言又止』

つまりは僕の目は花 探してた『其實繁花早已在我眼里 卻一味找尋』

何もいらないはずなのに『明明無欲無求』

何気なく見た外の花『不經意間望見外面的繁花』

何もいらないはずなのに『明明根本不需要』

ためらわずそれを摘み取り『卻仍毫不猶豫地將它摘下』

テーブルの上 重ねて置いた本に『桌子上重疊的書本里』

名前も知らない花を挾んでた『夾著不知名的花』

夜が手を伸ばしそっと引っ張って『夜伸出手 悄悄拉了我一把』

また何か言おうとしてるから『它似乎還有什么欲言又止』

つまりは僕の目は花 探してた『其實繁花早已在我眼里 卻一味找尋』

僕が手をかざした手振ったって『即便我一手擋在額前 一手用力揮別』

変わらないことばかりだから『卻仍充滿著一成不變的林林總總』

いつも僕は目を閉じて『而我總是閉上眼』

逃げてた『一再逃避』

夜が手を伸ばしそっと引っ張って『夜伸出手 悄悄拉了我一把』

何度も言おうとしてた言葉は『無數次欲言又止的話語』

歩き出した僕の言葉『邁步向前的我的話語』

それだった『如是那般』

You may also like...