《燈火》歌詞:by Mrs.GREEN APPLE MP3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

燈火》歌詞:

「初めまして。
僕は『貴方』をお守りする様 僱われた精です。
怖がらないで。
『貴方』が最近笑えなくなってきたっていうから來たよ。 」

「燈りを點けるよ」
キミに笑って欲しいが為に。
その光が亡くなってしまう時
それは僕が消える時だ
「火を燈すよ」
キミが陰に覆われぬ様に。
街が光った様に見えた
綺麗に光った様だった
綺麗に光った街でキミだけは
笑いはしなかった。

何を試しても
僕は「貴方」を笑顔にする事は 出來なくて
悲しまないで。
何もそんなに 獨りで苦しまな くてもいいじやないか

燈りは弱まる一方で
別れも近づく存在です
この光が亡くなってしまう時
それはキミとのバイバイだ
「雲える事は言っておこう
キミの耳に屆くうちに」
何故か俯いた様に見えたよ
アレが光った様だった
何かが動いた様だったんだ
嗚呼 もうバイバイだ。

揺らいだ火が消えるのは もう其処
僕には時間が無い様だ
心の雨が上がるのももう其処
この世には 勿體の無いことだ

燈りが消えるその時に
「貴方」が泣いたんだ
僕が笑った様に
「貴方」は泣いて笑った様だった
嗚呼 良かったこれで
安らかに消えれる
火の燈りが僕の命なんだ
さよなら 元気でね、バイバイ
燈火は靜かに息を絶えたが
キミに燈った様だった

キミが笑った様だった。

You may also like...