《リベラシオン》歌詞:by 渕上舞 MP3歌詞

リベラシオン》歌詞:

作詞:渕上舞・松井洋平
作曲:KOHTA YAMAMOTO

100年先の未来まで届け――

俯いたままで祈っていたって
失った大切は戻らない
傷ついたままで歩いていくの
救いは来ないなんて、もう知ってるから

自由を求めることが罪だとしたって構わないわ

100年先の未来まで続く言葉はいくつあるの?
欲しいものはたった一つ…純粋で潔い願い抱きしめて
叶わないっていう運命なんていらない
衝動に身を任せ、魂を解き放って…今

セピアに染まったペ-ジめくって
移りゆく記憶だけ巻き戻し
哀しんでいたって進めないわ
時計は残酷だって、もう知ってるから

鼓動を鳴らすその望みは生きてるという証
何も求めないでいるなら生まれた意味も問われないわ

たとえ絶望が炎になってこの身を焼いても諦めない
掲げるように叫ぶのは絶対に譲れないものの為
叶わないっていう運命なんていらない
偽りない言葉を、唇が解き放っていく

後悔なんてしても届くわけじゃないの
限界壊す果てに扉開く
この罪を購ったりしない この声は自由を翳す旗
真実はここにあるから

そして望みは鼓動を鳴らす…

100年先の未来まで続く言葉はいくつあるの?
欲しいものはたった一つ…純粋で潔い願い抱きしめて
叶わないっていう運命なんていらない
衝動に身を任せ、魂を解き放って…今