《Sailing》歌詞:by Aimer MP3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

Sailing》歌詞:

作曲 : 玉井健二 / 飛內將大
作詞 : Aimerrhythm

かじかんだ手のひらに そっと閉じ込めていたのは
在凍僵了的手掌間 輕輕閉合的是
昨日までの傷や 優しさと冷めた夢
直到昨天所受的傷痕 與溫柔而又冷卻了的夢
見つけるためになくしたものほど

為了尋找而錯失的事物
心の隙間に光を落とすよ
在心中的空隙落下光芒
忘れることも 気づかない振りも
忘卻也好 裝作不在意也罷
出來ないから臆病になる

之所以變得膽怯是因為做不到這一切
それでも人はきっと 探し続ける
即使那樣人們也一定會一直繼續尋找下去
雨に濡れ 波に揺れ
被雨水淋濕 在波浪上搖晃
You’ll sail away
你將會揚帆起航

淡く狙い 不確かな旅に出る
以淺淡的目標 開始了不確定之旅
もう一度觸れたいと 願う強さだけを載せ
承載起想要再一次被觸碰的強烈願望
冬の風 帆を広げ
寒冬的風 將船帆揚起

それはまるで遠く日のあなたのように
那就像是在遠方日子裡的你一樣
今夜背を押してくれるのなら 愛の歌を歌うよ
如果今夜能夠稍稍從背後推動我一下 我將會歌唱起愛之歌
噛み締めた唇で そっと確かめていたのは
在咬緊的雙唇間 悄悄想確認的是
選んだ日々の正しさよりも 暖かさ

比起在選擇的日子裡更加真實的溫暖
Shining like a lighthouse
宛如燈塔一般閃爍
夕凪の向こうで
在傍晚風平浪靜的海上的彼方
いつからそこに佇んでいたの
是什麼時候就已經矗立在那裡的呢

嵐が來れば行ったり來たりで
如果暴風雨來臨的話又將何去何從
ここがどこか分からなくなる
甚至連這裡是哪裡都無從知曉
それでも今は北を目指し続ける
即使那樣如今也一直向著北方而去

忘れることも 気づかない振りも
忘卻也好 裝作不在意也罷
出來ないから臆病になる
之所以膽怯是因為做不到這一切
それでも人はきっと 探し続ける
即使那樣人們也一定還在繼續尋找著

Sailing miles away
航行萬里
誰の為
為了誰人
枯らした聲で高く遠く響き この海を越え
用枯竭的聲音高聲向遠處迴響 甚至跨越了這片大海

後悔や戸惑いに 消えた言葉たちを載せ
承載起在後悔和困惑之間消失的話語
揺れる果 船の上
搖晃著到達盡頭 在帆船的上方
空はまるで笑ってる 朝はそこに
天空似乎在對著我們微笑 清晨就在前方不遠處
今夜手に取ったオールを置いて 少し眠ろう

You may also like...