《群青レイン(Re Ver.)》歌詞:by じん(自然の敵P) IA mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

▲「いつまでも降り止まない、この雨が止んだ時、

あなたはどんな顔で、どんな人と世界を知るのだろう。

それだけが今日も、楽しみで仕方なくて」

→「目に入れても痛くない話」。

「眠れないよ。」って泣いてる

君に絵本を読んでた

雨音がノックしていて

「明日も読もうね!」って、

また栞を挾んだ時には

君はもう寢息をついた

「外に出たいよ。」と言う

それを許せないのは

「嫌いだからじゃない。」なんて

都合の良いことだね

胸が苦しくなってさ

「ごめんね...」繰り返してた。

廻り始めたセカイのこと

君にまだ話すこともしないで

「目を合わしちゃダメだよ。」と

縛ったのは 、

いつか世界を、

その目で好きになる様に

▲昨日を嫌った

世界を憎んだ

だけどもう変わった

明日も愛せる

君も戀を知って

誰かに出會って

未來を作るのかな

ベットの上、嬉しそうに寢息たてて

楽しみだなぁ?

涙が出ちゃうくらいに

夜は靜けさを増す

木々の隙間で何度も

心地よい風が廻って

明日は晴れるのかな

胸が苦しくなってく

外に出してあげれないよ

眠れなくなった言い訳

思い出しそうになってた

幼い頃の思い出

いつも父と二人で

母の帰りを待っていた

もう何十年も経ったけど

一人だけで過ごしてた時

私も戀をして賑やかになって

君が今日も健やかなことでいつも

同じ世界をこの目で愛していける

▲月日が巡って

季節を過ごして

涙を拭って

君が笑ってる

それだけをギュッと

抱きしめていたいな

なんて思っちゃうけれど

もし未來がこんな日々をノックしたら

「大丈夫だよ。」って、

笑顔で見送るから

突然になったお別れ

好きになった世界に

怯えちゃう様なお別れ

君の悲しそうな顔

「ごめんね...」って、

言えないな...

「愛してる...」って、

言いたいな...

...もうセカイが、

...開いてる ...

雨音がノックしている

そんな「日記」を読んでた

涙が零れていく、

涙が零れていく ...

涙が零れていく、

涙が零れていく ...

You may also like...