《青春と気づかないまま》歌詞:by 秋元康 AKB48 mp3歌詞


仆の目の前に そびえる階段

boku no meno maeni sobieru kaidan

我的眼前 是高高的階梯

いくつ上ったら 息をついて

ikutsu nobottara iki wo tsuite

要上幾步才能喘息一下

楽になれるのだろう?

rakuni nareru no darou

稍稍輕松下?

西陽が射し込む

nishibi ga sashikomu

灑滿夕陽的余暉之時

窓の向こうには

mado no mukou niwa

向著窗外望去

未來の景色が見えるのか?

mirai no keshiki ga mieru noka

可以欣賞到未來的景色嗎?

夢は輝いているか?

yume wa kagayaite iruka

夢想散發著光芒嗎?

思い出と引き換えに

omoi deto hiki kaeni

回憶的反面

少しずつ翳(かげ)り行く日々よ

sukoshi zutsu kageri iku hibiyo

日光一天天一點點地也被陰霾遮住了吧

青春と気づかないままに

seishun to kizukanai mamani

青春在不覺間逝去

時に流されて

tokini nagasa rete

隨著時間的流逝

甘えてた制服を 脫ぎ舍てて

amaeteta seifuku wo nugi sutete

把稚氣的制服 統統脫去

大人になってた

otonani natteta

長大成人

あの頃に みんなで歌った

ano koroni minnade utatta

那個時候 大家都放聲高歌

メッセージソング

MESSEEJI SONGU

“message song”

歌詞の意味が今さらわかった

kashino imiga imasara wakatta

這首歌歌詞的意味 到今天才明白

リノリウムの床で 鳴いていた上履き

RINORIUMU no yukade naiteita uwabaki

在地毯上哭泣 穿著拖鞋

何かを求めて走り回り

nanika wo motomete hashiri mawari

像是在祈求著什么 來回踱步

行き止まりに傷つき

yukidomari ni kizutsuki

那走到盡頭的傷痛

知らぬ間に仆は アルバムの中で

shiranuma ni bokuwa ARUBAMU no nakade

在對此一無所知之時 相冊中的我

仲間と肩組みながら笑う

nakamato katakumi nagara warau

卻在與死黨一起搭肩傻笑呢

寫真を眺めている

shashin wo nagameteiru

凝視著這相片

新しい人生は

atarashii jinsei wa

新的人生

それなりに楽しい けれど

sorenari ni tanoshii keredo

雖然也有新的快樂

青春と気づかないままに

seishunto kizukanai mamani

青春在不覺間逝去

時は早足で

tokiwa haya ashi de

時間迅速地

描(か)きかけの未來図を 修正して

kakikake no miraizu wo shuuseishite

把小時描繪未來的藍圖 修改了

大人と呼ばれた

otona to yobareta

之后的被稱為“大人”

あの頃に何度も歌った

ano koroni nandomo utatta

那個時候 無論多少次想要開口唱

好きだった歌

suki datta uta

曾經喜歡的歌

今はなぜか 歌詞が出て來ない

ima wa nazeka kashiga dete konai

現在為什么 怎么也唱不出來了呢

青春と気づかないままに

seishunto kizukanai mamani

青春在不覺間逝去

いつも退屈で目の前の大切な出來事まで

itsumo taikutsude menomaeno taisetsuna dekigoto made

總是厭倦眼前的一切

見過ごしていたんだ

misugoshite itanda

眼前之事也會有所遺漏吧

階段をようやく上って 上まできたけど

kaidan wo youyaku nobotte ue made kita kedo

縱然如今總算登上頂峰

今の仆は歌を歌えない

imano bokuwa uta wo utaenai

現在的我卻無法放聲高歌了