《さよなら僕のタピオカ》歌詞:by オワタP 96貓 mp3歌詞


さよなら仆のタピオカ

「昔むかし、あるところに、

ちいさなお姫さまがいました。

お姫さまはタピオカが大好物で、

それはもう

毎日毎日おなかいっぱい食べて

暮らしましたとさ。

めでたしめでたし。

……なわけねーだろ!

さっそくだがこの物語は

ここから悲劇の展開に突入する!

別に姫様がチビだとかがさつだとか

んなこたぁどーだっていいんだ!

ある日、姫様がタピオカとやらを

食っている間に

突然ぶっ倒れちまったもんだから

國中が大騒ぎ! あぁ? 原因?

知らねーよそんなの、

それを探るのが

醫者の役目ってもんだろぉ!

さぁ、物語のはじまりだ!

さよなら仆のタピオカ!」

頭痛がやまない

眩暈もする不思議な病さ

體がだるい

食欲だけは殘ってんのに

王國一番の

名醫が仆を診斷していく

早く治せよ

おやつにタピオカ食べたい

「先生、仆は……?」

珍しい病気です

「あの、名前は……?」

急性タピオカ癥候群

「どんな病気なんです……?」

タピオカを食べると

「どうなるんです……?」

タピオカになっちゃいます

「はぁ?」

さよなら仆のタピオカ

二度と黒い粒を食べてはいけない

さよなら仆のタピオカ

君が戀しすぎてタピタピタピタピ!

不治の病らしいけど

それを食べなければ健康そのもの

醫者はそれだけ告げると

そそくさとお城をあとにした

タピオカ禁して3時間

早くも我慢ができない

タピオカ禁して半日間

なんだかお肌が癢いよ

タピオカ禁して1日目

手足の震えがやまない

タピオカ禁して3日目