《龍刻の彼方へ》歌詞:by 志倉千代丸 彩音 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

淡くて透明な 君の存在が

こんなに近くで 溫もりをくれる

いつしか夢は葉うと 信じるならば

決して負けない 剣にもなる

瞬き 舞散る 雪結晶に

差し込む光は 永遠の輝き

優しき流るる 龍刻の河

新しき 夢の場所 遙かなる想いを信じて

勇気のかけらが 最初は無くても

誰かを想うと それが力になる

途切れぬように祈った 無限の空が

今もこうして 包んでくれる

木漏れ日喜び 雪解けの花

引歌に話る 窓の景色よ

可憐に上らん 龍刻の空

穏やかな季節への

確かなる想いに変わるよ

瞬き 舞散る 雪結晶に

差し込む光は 永遠の輝き

優しき流るる 龍刻の河

新しき 夢の場所 遙かなる想いを信じて

靜かに色付く この時空の中で

重ねた気持ちは 永遠と呼べる

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...