《ハレのち始まりの日》歌詞:by 只野菜摘 神谷浩史 mp3歌詞


この世界はとても美しいとようやく思えた

あなたは少しずつ僕を変えていってしまう

守りたいなんて言葉を簡単に語れないくらい

拒絶に似た笑顔 優しく凜として

次のドア 次の夢 次の僕を求めてほしい

次の距離 次の愛 次の未來を

隣で歩いていくために

ハレのち始まりの日 あなたと分かち合いたい

例えば初めて人前で溶かす涙なら

喜びの時にしよう

ずっと忘れずにいよう

翼の間に本當は 傷を隠してることに

側においで そう言うチャンスを探した

一筋の希望の光だけが僕たちを繋ぐ

屈折した聲じゃ答えは返ってこない

扉を開けたままの鳥かごをこの胸の中に

時間はかけていい

鍵をかけたりしない

深い空 深い森 深い闇をさ迷いながら

深い過去 深い謎 深い痛みに

惑わされるはずない 進む

ハレのち始まりの日

完璧じゃなくてもいい

身體や心に殘ってる悲しみのあとを

怒りに見えるくらい激しく抱きしめるだろう

あなたがこれまで戦って生きてきたしるしだから

愛してると告げるタイミング話さない?

愛してると告げるタイミング

ハレのち始まりの日

あなたと分かち合いたい

例えば初めて人前で溶かす涙なら

喜びの時にしよう

ずっと忘れずにいよう

翼の間に本當は 傷を隠してることに

側においで そう言うチャンスを探した