《星降る空仰ぎ見て》歌詞:by 須谷尚子 Suara mp3歌詞


小さいどんなことも 忘れることない

今でも胸に殘す 君がくれた溫もり

もう伝えられない この泣きそうな想いを

星降る空仰ぎ見て 君を描く

摑める気がした 腕を伸ばせば

葉わぬ夢でも 信じられた

幼い心は何処に往くの いつから大人になるの

二人が過ごした日々 君が忘れても

幸せでいるならば 思い出さなくていい

何処にも行き場ない この泣きそうな想いを

星降る空仰ぎ見て 君の聲が

聞こえる気がした 耳を澄ませば

夢は描くことに 意味がある

幼い心を脫ぎ捨てては 大人になってゆくだろう

「星降る空仰ぎ見て」

歌:Suara

作詞:須谷尚子

作曲:衣笠道雄

編曲:衣笠道雄

君に出會った日に 心はさらわれたまま

星降る空仰ぎ見て 君を想う

摑める気がした 腕を伸ばせば

葉わぬ夢でも 信じられた

幼い心は何処に往くの いつから大人になるの

いつから